合宿免許を利用する年代で多いのは、20代前後の人が多くなっています。この年代が多い理由としては、合宿免許は泊まり込みで免許を取得する為、まとまった休みが取りやすい大学生などの利用者が多いからです。その為、合宿免許に行けば若い人しかないというイメージを持つ人も多いですが、年代は様々です。



利用者の中には、40代から60代の世代の人もいますので、他の世代でも利用する事は可能です。
この年代になってくると、親の介護などが必要になり、車がなければ不便という状況が生まれてきますので、免許を取得したいと考える人が増えるのもあります。
シニア世代の人が合宿免許をりようしたいのであれば、シニアプランがある所で申し込むといいでしょう。
若い人達とばかり接するのは大変と思う人でも、同じ年代の人が多いプランに申し込んでおけば、気兼ねせずに申し込みやすくなります。



年代的にきちんと卒業できるのか不安だとしても、卒業まで保証がついているプランを選べば問題はないでしょう。



追加料金がたびたび必要になるとお金が心配になりますが、追加料金なしで大丈夫なプランであれば、焦らずゆっくり学びやすくなります。

利用する期間としては、出来るだけ夏休みなどの長期休暇シーズンを避けるようにしておけば、幅広い年代の人と学べますし、混みあう事も少ないでしょう。


長期期間中は入校しづらくなりますので、すいているシーズンを選ぶ事によって、自分の都合に合わせて入校できます。