16歳になったら取れる免許が原付免許、小型特殊免許、普通二輪免許です。


しかし18歳になったら普通免許、大型二輪免許、大型特殊免許が取れるようになります。
その中でも18歳になったら格段に免許の習得者数が増えるのが普通免許です。



その時に迷うのが教習所に通って免許を取るか合宿免許に行って免許を取るかの二つの方法があります。教習所に通うか合宿免許にするかは免許を習得しようとする者にとっては非常に悩ましいものです。

実際どちらの方がいいなどという突出したものはないのでどちらに通うかは自分で決めるしかないのが現状です。そこで教習所に通うのも合宿免許のどちらにもメリットとデメリットがありそれを紹介します。まず教習所のメリットとしては自分のペースで好きな時間に教習所に来て免許を取るための技能教習や学科教習を受けられることです。

逆にデメリットとしては入校してから卒業目での期間が9ヶ月と長く設定されているため最初は頑張ろうと生き込んで教習所に来ていたものの一回サボってしまったり面倒くさいと思ったら教習所に行かなくなってしまうことです。



その点、合宿免許のメリットは短期間で免許習得することが売りでもあるので、時間には厳しい毎日を送ります。

そのため、サボってしまうこともなくすぐに免許習得できます。さらに友達と合宿に来る人も多く友達と一緒に励ましあいながら勉強できます。



しかしデメリットとしては友達と一緒に来ていても友達の方が教習のスピードが早く自分が置いてかれてしまうかもしれないということです。
それでも短期間のうちに車を運転できるようになりたいと思うのなら合宿免許の方がよく試験場において学科試験も学科の内容が頭に残っているうちに受けられるので合格しやすくなります。